将棋漫画3月のライオンネタバレ感想ブログ

漫画3月のライオンのネタバレ、感想、お得情報をレビューします。

3月のライオン 4巻 ネタバレ 感想【獅子王戦7番勝負!島田故郷天童へ行けるか!?】

3月のライオン 4巻 ネタバレ  感想

 

 

 

 

こんにちは、美月です。

 

 

 

今日は4巻のレビューをします。

4巻は第33話~42話まで収録されてます。

 

 

 

ネタバレ知る前に、 

本編見たいかたはこちらからどうぞ!

 

 

 

電子書籍・漫画(マンガ)ならBookLive!|無料で楽しめる!

 

3月のライオン」で検索して、すぐ読めます♪」

 

 

⇒前回まではコチラ

 

3gatunoraionn.hatenablog.com

 

 

ここからは4巻のネタバレ

 

 

 

獅子王戦予選を制した島田開が名人宗谷に挑む

獅子王戦7番勝負が4巻の中心です。

 

 

 

名人宗谷が初登場するシーンは、前夜祭の前、

零が考え事しながら、ホテルの中庭に赴いたとき。

気配を消し去った隣の宗谷に気づいたところでした。

 

 

 

その姿に、零は唖然として、

研究会で先日一緒に勉強した島田が対峙すること、

戦慄を覚えた感じでした。

 

 

 

そんな中、義姉の香子ともめてる姿を川本三姉妹に見られ、

香子の存在を初めて知られる零。

いずれ、川本家と香子もなんかしら、ありそうです。

 

 

 

島田は名人宗谷との対戦を前に、

零と二人っきりで指したいといいます。

 

 

名人宗谷の壁は高く、2敗を喫してる島田。

7番勝負のうちなんとか2勝し、故郷の天童での

対戦へ持ち込みたい一心だったのでしょう。

 

 

 

零はA級棋士の島田と対峙し、

島田の思考が”ダムが放水したかのように”

流れ込んでくる感覚を味わい、

必死に踏ん張っていたのでした。

 

 

 

その後の3局も島田は破れ、寝ずに体調壊しながらも、

零に打開策を見つけるべく練習相手を頼むのでした。

 

 

 

故郷での対戦をかけた第4局。

零は、急遽この曲の解説者として呼ばれました。

 

 

 

もう一人の解説者、藤本雷堂が、終盤勝負あったと見切り、

控室へ去った後、”まだこの盤は死んだようには見えない”

と、零が打った「7九角」、、、。

 

 

 

結局島田は4連敗。。。

盤記者たちが、零のうった「7九角」を見、

あれ?逆転してたのでは???と・・・。

 

 

 

白熱する将棋のトップ戦。

その合間に、香子と零。

川本家3姉妹のシーンがコメディチックで

私は好きです。

 

 

最後、解説者として零が打ったシーン。

後に大成する零の片鱗を見せた感じでした。

 

 

3月のライオン、ハマってきました。

 

 

 

私が読んでる、電子コミックサイト、

皆さんにも紹介しますね。

 

 

電子書籍・漫画(マンガ)ならBookLive!|無料で楽しめる!

 

 

3月のライオン」で検索して、是非読んでみてください💛

 

 

 

 

 

3gatunoraionn.hatenablog.com

 

 

 

 

3gatunoraionn.hatenablog.com