将棋漫画3月のライオンネタバレ感想ブログ

漫画3月のライオンのネタバレ、感想、お得情報をレビューします。

3月のライオン 6巻 ネタバレ 感想【ひなたへのいじめ解決して!二海堂の秘密!?】

3月のライオン 6巻 ネタバレ  感想

 

 

 

こんにちは。

2児の子育て奮闘中。

シングルマザーの美月です。

 

 

 

今回の表紙は二海堂です。

なぜでしょう?それは、本編で明らかに。。。

 

 

 

今回は6巻のネタバレをしますね。

6巻は第54話~第63話まで収録です。

 

 

 

私が漫画を読むのは、こちらの電子コミックサイト。

 

電子書籍・漫画(マンガ)ならBookLive!|無料で楽しめる!

 

3月のライオン」で検索して、読んでみてください💛

 

 

 

 

ここからは6巻のネタバレ

 

 

 

 

友達をかばって、いじめにあっている

川本家の次女、ひなた。

 

 

 

ひなたのことで、皆が様々な思いを寄せる。

おじいちゃんは自慢の孫と勇気づけ。

零は担任の林田先生に相談し。

あかりはおじいちゃんの様にはげませない

自分を悔いる。

 

 

 

ひなたが想いを寄せる野球部の高橋君は

キャッチボールに誘い、自分が仲間だということ、

ひなたのクラスへアピールする。

 

 

 

そんな中、零は自分が頼られる存在になるにはと、

将棋での勝利への意欲を今まで以上に見せます。。

新人戦をなんとか勝ちたい一心で臨みます。

 

 

 

ライバル(心友)の二海堂も、決勝で零にあたるべく

奮闘します。

 

 

 

しかし、二海堂は決勝を前に、山崎順慶に敗れ、

大阪の病院に入院します。

ただ事ではないと感じる例は、兄貴分の島田に

容体を詰め寄りますがなかなか教えてくれません。

 

 

 

 

ようやく島田が昔を回顧しながら、

二海堂の難病について語ります。

 

 

 

 

ひなたの想い、

二海堂の想い、

様々な思いを胸に、零は決勝の舞台へと。。。

 

 

 

 

6巻はひなたのいじめを中心に展開。

案の定、担任の先生が、事なかれ主義で、

ひなたは一人苦しみます。

 

 

 

そして、二海堂の想いかなわず、

思いがけず難病の話を聞いた零。

 

 

 

6巻は本当に泣ける内容で、

胸が締め付けられる思いで、読みました。

 

 

 

これだけ感情移入させる、羽海野先生の表現に

感動しっぱなしでした。

 

 

 

皆さんも、この素晴らしい物語、

是非よんでみてください。

 

 

 

私が読んでるはココ!

 

電子書籍・漫画(マンガ)ならBookLive!|無料で楽しめる!

 

 

3月のライオン」で検索してみてくださいね♪

 


 

 

 ⇒7巻のネタバレはこちら

3gatunoraionn.hatenablog.com

 

 

 ⇒5巻のネタバレはこちら

 

 

3gatunoraionn.hatenablog.com

 

 

 

3gatunoraionn.hatenablog.com